目を大きくするマッサージで顔の印象をよくする

年をとるごとに顔の印象が変わってきますが、中でも特に気になってくるのがたるみです。


リンパの流れが滞り老廃物がたまることで血流が悪くなると、次第に重力に逆らえなくなってくるのです。


老化に伴い頬がたるんでくるのをイメージすると分かりやすいですが、この現象は目元にも起こりうることです。

目大きくマッサージはとっても評判が良くて有名です。

上まぶたにたるみが生じ下に引っ張られるようになるので、その部分の印象も悪くなる可能性があります。



しかし目を大きくするマッサージを取り入れれば、簡単に現状を変えることは可能です。


滞っているリンパの流れを促してあげると、だんだん老廃物が流れるようになりスッキリとした印象に変わってくるからです。その目を大きくするマッサージの方法ですが、まずこめかみから下まぶたに沿って指をすべらせ眉間まできたら、そのまま上まぶたに指を動かしこめかみに戻ります。
デリケートな部分なので刺激を与えないよう力を入れずに行うことが大事ですが、朝晩の1日2回を目安にだいたい5回ずつ行うだけでも十分です。

日本経済新聞の情報をお届けします。

普段顔のマッサージをしている人はそのときに、時間を節約しながらうまくやりたいという人は洗顔時、顔に泡を乗せた状態で行うとやりやすいです。

流したリンパをスムーズに排出させるため、耳の後方から首筋を通り鎖骨まで持っていくのを仕上げとして行えばOKです。このように目を大きくするマッサージによりたるみが解消されてくれば、自然な形でハッキリとした印象のままでいられるようになります。